Category Archives: 涼都 2050

涼都マップ

東京へのお客さんが、都心で涼しい場所でゆっくりとした時間を過ごす、あるいは暑さを避けて安全に移動するために役立つ、新しいオンラインマップ「涼都マップ」を作っています。シェアマップとして初めて英語にも対応ます。2019年7月20日に評価版を公開する予定です。 「クールシェアスポット」は、これまでどおり、そこでゆっくりと涼める場所です。いちばんのおすすめは、公園の木陰にあるベンチです。猛暑時は冷房のきいた涼しい空間の方がいいですね。図書館やギャラリーなど無料で利用できる施設もありますが、レストランやカフェ、それぞれ美術館など、有料施設も多く紹介しています。 今年、新しく提案するのが「ひと涼みスポット」です。街を歩いていて、熱中症にかからないために大事なのが、涼しいところをみつけてこまめに休むことです。百貨店の休憩所やショールーム、オフィスのロビー、コンビニのイートインスペース※など、道からすぐ…

東京緑地計画 から 涼都2050へ

戦前に「東京緑地計画」という、東京23区を「グリーンベルト」で取り囲み、東京都心部の成長を抑制しよう、という壮大な都市計画がありました。用地の買収が進められましたが、戦時中にその目的が戦火の拡大を防ぐための「防空緑地」に置き換えられました。そして残念なことに戦後、GHQの指揮下の農地開放により、東京緑地計画は消滅してしまいました。買収済みの用地も戦時中の食糧難で畑になっていたために農地と見なされてしまったのです。現在の小金井公園、深大寺植物園、砧公園、舎人公園、水元公園などにその名残を見ることができます。戦災復興計画として再度立案されますが、その基盤は失われていました。 1958年の第一次首都圏基本計画では、1944年の大ロンドン計画をお手本とし、都市の成長を抑制するためのグリーンベルトが「近郊地帯」として計画されます。しかし、開発抑制に対する地元農民による激しい反対運動やスプロール化の進…

POPS

POPS: Privately Owned Public Space とは、オフィスビルなどの民間施設が提供する、一般に開かれた広場などであり、その発祥はニューヨークである。最初は彫刻が設置される程度であったが、ベンチや椅子、木陰があるポケットパークが生み出された。そして、対象が屋内空間にも拡げられ、夏は冷房が効き、冬は暖房された空間は、市民や観光客が一息つける憩いの場となっている。宅地内なので、その維持管理はビルオーナーの負担である。ニューヨークの中心部には数多く存在し、ニューヨーク都市計画局はオンラインでPOPSを検索できる地図を公開している。ニューヨーク都市計画局のオンラインマップ(緑色の項目に絞ると、POPSが表示される) 日本でもニューヨークに倣って導入された「公開空地」であるが、ニューヨークが日本と違うのは、その使い道についてガイドラインがあり、用途や維持管理についてもチェック…