クールシェア in 日本橋

昨今の「酷暑」状態から、街に来た人の熱中症対策が求められています。来街者の暑熱対策をねらったクールシェアのモデル事業として、2018年7月26日から8月9日まで(2年後の東京オリンピック開催期間を想定)「クールシェア in 日本橋」が開催されました。
このモデル事業では、期間限定とはいえ、メガバンクの支店、郵便局といった施設で、接客空間やロビーをクールシェアスポットとして開放するという画期的な社会実験が行われました。Youtube の記録映像をご覧ください。

クールシェアスポットとして、既に登録されている商業施設
期間限定のクールシェアスポットとなった、銀行、郵便局等の業務施設
この地区に多い、全国の自治体のアンテナショップがクールシェアに参加した