暑くなる大都市 〜東京ヒートマップ

堀内が「ヒートアイランド現象」という言葉を最初に学んだのは、1975年に東京芸術大学で受けた尾島俊雄先生の授業でした。『暑くなる大都市』という著書をテキストにまさに暑く語られていましたが、それが今のような大問題になるとは、思っていませんでした。
建築の人工廃熱と蓄熱によるヒートアイランド現象、それを緩和できる緑地と水面の効用など、早くから語られていましたが、残念ながら高度経済成長の時代には、あまり注目されなかったと思います。
一方で、欧米の先進都市ではその防止に早くから取り組み、ロンドンのグリーンベルトの設置、ポートランドの建築規制などが有名です。

残念ながら、東京一極集中の是認が基本の今の東京は、森を無くして大規模マンションを建設する、ということがまだ行われています。その対策としては、大規模開発における屋上緑化、敷地内緑化といったかたちばかりのみどり率を増やす方針がありますが、大規模開発を抑制するということはありません。それが今の東京、それよりも東京以北の都市の暑さにつながっています。熊谷市が日本一暑い記録を維持していますが、それは人為的に作られた結果で、それを明確に表しているのが「東京ヒートマップ」です。

東京南部は比較的涼しく、都心部は建築の集積(=ヒートマス)の蓄熱、および風道の遮りにより暑くなっています。その熱がそのまま北部に流れている様子がよくわかります。
注目したいのが中央付近の明治神宮の森に見られる緑色で、周囲よりも4〜5度温度が低くなっています。これが事実と相違ないか確認するために、猛暑日に気温測定を行う予定です。

「東京ヒートマップ」は、独立行政法人建築研究所で作られたもので、地球シミュレーター(スパコン)を使ったシミュレーションです。主に建築物のボリュームの影響が考慮されていますが、残念ながら街路樹による影響は反映されていません。
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/tnn/tnn0583pdf/ks0583.pdf に、詳細が記載されています。